国民年金:国民年金というのは「基礎年金」とも考えらるものであり、20歳から60歳以内の国民みんなが必ず加入することが当たり前の年金です。
国民年金の掛け金は一定額であり、年間でいくらか決まっています。
国民年金の給付金額は契約している期間を考慮して決まり、1つの例として平成27年度であれば以下のような式で求めることができます。
「780,100円×(加入していた月数÷480)」加入年月が満了日の40年間ある場合には満額が受領できますが、話は変わって少ない場合はキッチリと減っていくやり方です。

厚生年金保険:厚生年金保険は、国民年金に加わって給付される年金が「厚生年金」です。
基礎年金と考えられる国民年金の金額に、厚生年金保険の受給額が蓄積され、総計をもらうことだと考えられます。
厚生年金保険の本人は、主に会社人間や会社勤めなどだと言えます。
個人企業でも従業員が常時5人以上いる場合には、必須加入となります。
(ただし、食堂などのサービス業は適用外です。)従業員さん数が4人以下のケースにも、従業員の2分の1以上が加入に応じる場合には応募することで任意加入をやれます。

厚生年金の保険料は、いつもの年4月~6月に供給される給与と関連付けて計算した合計額(標準報酬月額といいます)と賞与金に対して共通の保険代率を掛けて弾き出します。
その額面を、半分は採用主が、もう半分は加入員が背負うことで、保険料額が決断します。

詳しいサイトはこちら→日本年金機構 事務センター

関連記事

    None Found